カテゴリー
Uncategorized

税理士のチャンスと挑戦とは

税理士を目指す人たちは、税理士になったあとのキャリアプランというものがあると思います。独立開業したいとか、セミナー講師になろうとか。税理士としての自分の価値を上げて活動の幅を広げるという人もいます。外部の税理士先生というよりも、頼りになる内部敏腕経理というように考えて欲しいという人もいます。一緒に事業を成長させていくというスタンスです。また、報酬単価というのも気になるところだと思います。報酬単価は下げずに、かつ顧問料以上の仕事をする。それに加えて社労士や司法書士、行政書士、生命保険の営業というように、横のつながりも強みになるといいます。講師になるならば、いかにわかりやすく、噛み砕いて説明できるかを心がけましょう。小学生や中学生向けの租税教室というのも考えてみるといいでしょう。また、女性起業家向けの講演というのも求められています。税務がテーマの本もいろいろ出ていますが、専業主婦が税務会計0から税理士になったとか、子ども二人を出産と育児をしながら税理士になったとか、時間術の本などの執筆を積極的にする税理士もいます。開業したら、目の間の前のことを精一杯やるという状態が続きます。ひとつひとつしっかりとやり遂げるというだけでいっぱいいっぱいです。税理士になったら、いつも同じ仕事ばかりではありません。これまでやったことがない案件がきたり、相談をされたりします。計画通りにはいかないものです。けれど、必ず解決するという覚悟も必要ですが、実際にできるようになるものです。問題を解決するための勉強も楽しみながらやり、自分の実にしていくことです。自分の考え方次第でチャンスへのチャレンジの仕方も変わってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です