カテゴリー
Uncategorized

税理士の仕事

飲食店のような個人事業主であれば、確定申告から相続税、贈与税に関わる機会も出てくるでしょう。中小企業を多く抱える事務所では、源泉徴収関連業務が多くなり、忙しくなる時期も納期限に関連した時期となってきます。さらに税理士法人といった大規模税理士事務所では、配属される部署に大きく関わってくるでしょう。場合によっては、税理士としての業務より経営コンサルタント的な業務がメインとなることもあるでしょうし、また特化した業種、特定の分野での狭く深くという知識が求められる事もあるでしょう。就職してしばらくは、OJTや外部研修に積極的に参加して一日も早く「慣れる」ことに集中すべきでしょう。そのうちにどの方面のどのような知識が求められるか自ずとわかってくるでしょうから、そこで専門的な知識習得に、激務と並行しながら取り組んでいくしかなさそうです。こういう時に、働きながら受験勉強に取り組んでいた人には当時会得したいろいろなノウハウを発揮させる良い機会となることでしょう。そのことを考えると、時間的・精神的にハードな環境を経験するのも将来を考えると必要なことと言えるかもしれません。あとは健康面に留意して楽しんで仕事ができるようになればベストでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です