カテゴリー
Uncategorized

税理士の仕事

飲食店のような個人事業主であれば、確定申告から相続税、贈与税に関わる機会も出てくるでしょう。中小企業を多く抱える事務所では、源泉徴収関連業務が多くなり、忙しくなる時期も納期限に関連した時期となってきます。さらに税理士法人といった大規模税理士事務所では、配属される部署に大きく関わってくるでしょう。場合によっては、税理士としての業務より経営コンサルタント的な業務がメインとなることもあるでしょうし、また特化した業種、特定の分野での狭く深くという知識が求められる事もあるでしょう。就職してしばらくは、OJTや外部研修に積極的に参加して一日も早く「慣れる」ことに集中すべきでしょう。そのうちにどの方面のどのような知識が求められるか自ずとわかってくるでしょうから、そこで専門的な知識習得に、激務と並行しながら取り組んでいくしかなさそうです。こういう時に、働きながら受験勉強に取り組んでいた人には当時会得したいろいろなノウハウを発揮させる良い機会となることでしょう。そのことを考えると、時間的・精神的にハードな環境を経験するのも将来を考えると必要なことと言えるかもしれません。あとは健康面に留意して楽しんで仕事ができるようになればベストでしょう。

カテゴリー
Uncategorized

税理士のチャンスと挑戦とは

税理士を目指す人たちは、税理士になったあとのキャリアプランというものがあると思います。独立開業したいとか、セミナー講師になろうとか。税理士としての自分の価値を上げて活動の幅を広げるという人もいます。外部の税理士先生というよりも、頼りになる内部敏腕経理というように考えて欲しいという人もいます。一緒に事業を成長させていくというスタンスです。また、報酬単価というのも気になるところだと思います。報酬単価は下げずに、かつ顧問料以上の仕事をする。それに加えて社労士や司法書士、行政書士、生命保険の営業というように、横のつながりも強みになるといいます。講師になるならば、いかにわかりやすく、噛み砕いて説明できるかを心がけましょう。小学生や中学生向けの租税教室というのも考えてみるといいでしょう。また、女性起業家向けの講演というのも求められています。税務がテーマの本もいろいろ出ていますが、専業主婦が税務会計0から税理士になったとか、子ども二人を出産と育児をしながら税理士になったとか、時間術の本などの執筆を積極的にする税理士もいます。開業したら、目の間の前のことを精一杯やるという状態が続きます。ひとつひとつしっかりとやり遂げるというだけでいっぱいいっぱいです。税理士になったら、いつも同じ仕事ばかりではありません。これまでやったことがない案件がきたり、相談をされたりします。計画通りにはいかないものです。けれど、必ず解決するという覚悟も必要ですが、実際にできるようになるものです。問題を解決するための勉強も楽しみながらやり、自分の実にしていくことです。自分の考え方次第でチャンスへのチャレンジの仕方も変わってくるのです。

カテゴリー
Uncategorized

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start writing!